幸せな結婚式のために知っておきたいこと3選

一生に一度の結婚式!理想と現実

女の子なら誰しもが憧れる結婚式。一方であれもこれもと欲張ると莫大なお金がかかったり、予想外のハプニングに見舞われてしまうことも。ここでは結婚式や披露宴をする際に気を付けるべき3つのことについてお伝えしたいと思います。

花嫁のグローブとベールは先輩花嫁から借りるべし

ドレスはレンタルできても、花嫁のグローブとベールは買い取りの場合が多くあります。理想的な結婚式にグローブやベールの形まで考えている女子は少ないもの。結婚式の予算を抑え、新生活や新婚旅行にお金を使うためにも花嫁のグローブとベールは先輩花嫁から借りましょう。また、先輩花嫁から借りることは、幸せな結婚式を願う「サムシングフォー」の一つ「サムシングボロウ」に当てはまります。お金を節約し、さらに花嫁の幸せも願うことができるなんて、一石二鳥ですよね。

披露宴テーブルの花は背の低いものにすべし

各ゲストテーブルに置かれる花。披露宴では欠かせません。ここで一つ注意したいのは花の高さです。花の背が高いと、ゲストがテーブルから花嫁の写真を撮る際邪魔になったり、テーブルのゲスト同士が写真を撮る際にカメラに割って入ってしまいます。そのため、ゲストテーブルに置く花はできるだけ背の低いものにしましょう。

ブーケは投げずとも会場の花を

独身女子なら花嫁から幸せのおすそ分けは欲しいもの。それがもしブーケならなおさら嬉しいですよね。披露宴終了時には会場の花をブーケにして渡しましょう。もう私の周りには既婚者ばかりだからブーケは投げられない…という花嫁でも会場の花ならどんな人にでもお渡しできるのでおすすめです。

まとめ幸せな結婚式を

結婚式を挙げるだけで幸せだと思いますが、より一層素晴らしいものにするためにぜひとも参考にしていただければと思います。

昔からそこにある神殿の敷地内で、厳かな雰囲気の中執り行われる神前結婚式は格別です。鶴岡八幡宮で結婚式をすると、参列者だけでなく多くの参拝者からも祝福され、佳き日の思い出に華を添えてくれます。