国内でも徐々に増えているブライズメイドが登場する結婚式!依頼する時のポイントは

日本ではブライズメイドの在り方が変化している?

以前はほとんど見られなかったアッシャーやブライズメイド達ですが、徐々に国内の結婚式でも目にする機会が増えてきましたよね。欧米の映画やドラマなどの影響で、自分たちの結婚式にも友達にブライズメイドになって参加してほしいと思う人が多くなっているんですよ。実際にブライズメイド用のドレスを扱うお店もオープンしています。元々ブライズメイドもアッシャーも、新郎新婦の友人や兄弟姉妹が任命されることが大半で、結婚式の準備や独身最後の日を祝うイベントの企画と進行などを主な役目としてきました。余興や披露宴の受付係だけではなく、もっと前の段階から結婚式の準備やサポートを行うんですよ。華やかなだけではなく、結婚式場のウエディングプランナーのような役割もある、責任重大な存在と言えます。日本ではお揃いのタキシードやワンピースを着用することで、会場の雰囲気を盛り上げる演出という意味合いが強いですね。

気分よくブライズメイドになってもらうために

本格的な海外仕様の結婚式をやる人もいますが、基本的に同じ衣装を着て新郎新婦の介添え人をするという演出に簡略化しているので、準備をする時にもブライズメイドたちの衣装選びが重視されます。レンタルする場合も購入する場合も、新郎新婦の方で用意しておいてくださいね。ブライズメイド用のドレスは今ではだいぶ入手しやすくなりました。頭を飾る花冠やリストブーケなどもあるといいですね。アッシャーは全員同じ衣装とブートニアを用意しましょう。

結婚式場を神奈川で行うと県内だけでなく、東京からのアクセスも便利なので喜ばれます。中心部にはホテルも多い場所ですから、遠方の人も気軽に呼ぶことができるでしょう。