お部屋にぴったりなソファを選ぶポイントとは?

狭い家でもゆったり使えるダイニングソファ

食事をするダイニングテーブルのソファです。食事がしにくくならないよう、座面が固めで、奥行きが浅めに作られているのが特徴です。ソファといえばリビングにあるイメージが強いですが、ダイニングソファを使うことで、一つの空間でダイニングとリビングを兼ねることができ、小さい家でもスペースを有効に使えます。カフェのようなゆったりとした空間ができ、食後にゆっくり家族の団らんを楽しむことができます。

レイアウトが自由自在なコーナーソファ

コーナーソファは、部屋の角に合わせておけるようにL字型にデザインされているソファです。部屋の広さや構造に合わせてソファの組み合わせを変えられるのが最大のメリットです。奥行きも深く、大きめな作りなので、横になってリラックスすることもできますし、友人などの来客があってもゆったりと使うことができます。

家族みんなに優しいローソファ

ローソファは、その名の通り、座面の高さが低くデザインされたソファです。ソファの背が低いことで余白が多くなり、お部屋全体が広々として見えます。床が近いので、こたつや畳などの床文化が浸透している日本人には相性の良い形といえます。また、ペットや赤ちゃんが落ちて怪我をする心配も少ないので、家族みんなが安心して使えるソファです。

ローソファを通販で選ぶポイント

ローソファを選ぶポイントとして重要なのは、座面の高さです。10~30cmの中で、それぞれに合った高さを選びましょう。赤ちゃんやペットのいるご家庭は、20cm以下がおすすめです。高齢の方がいるご家庭は、立ち上がる時にかかる足腰の負担が少なくなるよう、30cmほどのものがおすすめです。他にも、素材、サイズ感などしっかり確認して購入しましょう。

ダイニングにソファを置くのは見栄えの良さとくつろぐ場所の確保を両立出来るメリットがあります。柔らかく弾力性がある生地を使ったソファは家庭的な雰囲気を出せる他、座り心地が良いので快適な使用が可能です。